• 還元型PROJECT
  • ゲーミングチーム「還元型PROJECT」の最新情報☆

【還元型PROJECT】Capcom Pro Tour 2022 日本大会 よっさん選手インタビュー

世界規模で開催されている「Capcom Pro Tour 2022」に日本大会である「Capcom Pro Tour 2022 日本大会」が6月11日、6月12日の2日に渡って開催されました。この大会では還元型プロジェクトのメンバーであるよっさん選手とNISHIKIN選手が出場し、好成績を挙げています。今回は5位にランクインしたよっさん選手のインタビューです。

〇よっさん選手 紹介

『ストリートファイターⅤ』のNo.1″ジュリ”使いとして名をはせるプレイヤー。『ストリートファイターIV』シリーズからジュリを使用し続け、彼のTwitterを見ればジュリへの愛を感じられることは間違いなし。『SFL:Pro-JP 2021トライアウト大会#1』で優勝を果たし、JeSU認定『ストリートファイターⅤ』プロライセンスを獲得する。『ギルティギア』シリーズでも有名なプレイヤーで、「よっさんコンボ」というコンボが生まれるほどの驚異的なやり込みで知られる。(https://kanpro-esports.gamer2.jp/members/yossan/

〇強いプレイヤーとの対戦が大切

ーー6月に行われた「Capcom Pro Tour 2022」ではDAY2まで勝ち進みました。大会を終えての感想を教えてください!

よっさん選手「やはり負けた時はとても悔しかったですし、何より大会時間も長かったのでとても疲れる大会でした。終わった後はどうしたらもっと強くなれるのかということをずっと考えていました。」

――やはり大規模な大会だと悔しさも増すのでしょうか?

よっさん選手「大規模大会ということはもちろんですが、戦ったプレイヤーたちも強豪ばかりだったというのもあります。そういった人たちと対戦をしてみて、あのレベルに達するにはどうすればいいのだろうってずっと考えちゃいましたね。」

――よっさん選手自身もジュリ使いの中ではトップレベルと言われていますが更に上を見ているということですね。具体的にはどういったことを考えていたのでしょうか?

よっさん選手「練習の取り組み方ですね。今回は1人で練習を行うことが多かったのですが、トッププロたちは大会前などに強い人同士で対戦をしているんです。でも自分が使っているジュリというキャラクターはトップ層にほとんど使い手がいないため、お互いのキャラクターを対策をするということでは他の人を少し誘いづらいんです。」

――キャラ特有の悩みですね。

よっさん選手「また、ジュリは相手が対ジュリに慣れてしまうと弱い部分が見えてくるキャラでもあるので、あまり他のプレイヤーと練習をしなくてもいいなと思ったところもあります。個人練習で精度を高めることに集中した結果、あまり対戦練習を行うことがなかったんです。」

――そういった様々な考えが裏側にはあったのですね。

次のページ:“苦手意識”と戦って得られたもの

関連記事一覧