ガチサプ×FUKUSHIMA IBUSHIGIN 翔選手対談~謎多きチームに根掘り葉掘り聞いちゃいました~

※うずら選手は取材後の8月中旬にお名前を”翔”(かける)へと変更いたしました。それに伴い、文中のお名前は記事掲載時点で使用している新名称での表記に変更しています。また、記事内にある画像も順次新名称のものへと変更予定です。

皆さんはFUKUSHIMA IBUSHIGINというチームをご存知でしょうか?もしかしたらゲーマーには”いぶし銀”という表記の方が馴染みある方も多いかもしれません。大会でも度々活躍しているIBUSHIGINですが、実はチームについての情報ってまだあまり世に出ていないんです。

今回はそんな謎に包まれたIBUSHIGINさんに、ゲーマー向けサプリメントの開発・販売を行う平岡大輔さんが対談インタビューしちゃいました!

謎の新進気鋭のチームと、ベテランマーケター兼新人ゲーマーという異色の対談ということで、ゲームのことはもちろんチーム運営など話題は多岐に渡りました。その様子をお写真と共にお楽しみください!(取材日:2022.7.26)

〇対談相手はFUKUSHIMA IBUSHIGIN 翔 選手、代表 拝田遼平さん

拝田さんが代表を務めるFUKUSHIMA IBUSHIGINは福島県を拠点に活動するeスポーツチーム。2019年よりGAMING TEAM いぶし銀と活動を開始し、2022年4月に法人化し現在の名前に改名。FPS/TPSを中心に複数の部門を抱えている。

翔(かける)選手は『ストリートファイター5』より頭角を現した25歳の若手プレイヤー。FUKUSHIMA IBUSHIGINストリートファイター部門に所属する。2021年7月の公式大会優勝によりプロライセンスを獲得し、主人公でありスタンダードキャラクターであるリュウを使い活躍を続けている。

◆対談インタビュアーを務めるのは平岡大輔さん

株式会社テマヒマ代表。マーケティングのほか、企業のコンサルティングを主に行う。今年から『ストリートファイター5』にハマり、自身の抱える悩みからゲーマー向けサプリメント『ガチサプ』を開発・販売。第1弾となる『心眼-shingan-』は還元型コエンザイムQ10を配合、7月に発売されて以来多くのメディアやゲーマーから注目を集めている。

◆翔選手は実はトリッキーなキャラが好き?

平岡さん「本日はよろしくお願いします。まずは翔選手のことを教えてください。いつ頃から格ゲーをプレイしているのですか?」

翔 選手「10年前の中学2年の夏からでプレイしています。父親がPS3と『スーパーストリートファイター4』を買ってプレイしていたのですが、家族の中で自分だけがハマってプレイしていたというのが始まりです。」

平岡さん「ずっと『ストリートファイター』だけをプレイしているのですか?」

翔 選手「それ以外の格闘ゲームも色々やりましたよ。でも、他のはやめてしまって。」

平岡さん「では、その中でも『ストリートファイター』だけやめなかったのはなぜなのでしょうか?」

翔 選手「格闘ゲームの中でも特に流行っていたからですね。どの時間帯にプレイしても対戦相手がいたんですよ。」

平岡さん「プレイヤーの多さも魅力ですよね。プレイし始めたのは中学生のときということですが、当時同級生にはプレイヤーはいましたか?」

翔 選手「全然いなかったです。周りはFPSに熱中していましたね。」

平岡さん「翔選手は使用キャラにこだわりはあったりしますか?」

翔 選手「実は、変わったキャラクターが好きなんですよ。F.A.N.G(ファン)やダルシムみたいな。」

平岡さん「それは意外ですね。というのも、メインで使っているのはスタンダートキャラのリュウですよね。」

翔 選手「前作では豪鬼を使っていたというのもあって、自分で使うならスタンダードなリュウが良いんです。全キャラをしっかり試してはみたのですが、その上でリュウに落ち着いています。」

◆プロゲーマーのトレーニングって何をしているの?

平岡さん「では、普段のトレーニングってどんなことをしているのでしょうか?」

翔 選手「できないことをできるようにする、ということをしています。自分ができていないことや、誤魔化して戦っているところを把握して、一つ一つ無くしていくんです。」

平岡さん「格ゲーは40歳を超えるプレイヤーも多く、トッププレイヤーも日々トレーニングをしてどんどん強くなっていっていますよね。」

翔 選手「その通りですが、トップの人たちは完成しているがゆえに成長速度は決して速くはないと思うんです。だからトレーニングを継続していくことで、僕も追いつくつもりでやっています。」

平岡さん「チームメンバー同士で業界を盛り上げたいというような話をすることもあるのでしょうか?」

翔 選手「選手や運営とでイベント企画の話をしたりすることもありますよ。今は『Street Fighter League』(ストリートファイターリーグ、SFL)の練習のために、SFL形式でのスクリムを活発化・浸透化させようと画策しています。」

平岡さん「それは面白いですね!『スト5』は一人で戦えて、eスポーツチームも一人単位で抱えることができるという良さがあります。それでも、チーム戦ってやっぱり面白いですよね。」

◆食事、睡眠 コンディショニング

平岡さん「ファン獲得のためにやっていることって具体的にはどんなことがあるのでしょうか?」

拝田さん「配信のクオリティを上げることには特に注力しています。サブスクメンバー用のスタンプを用意したり、配信画面のオーバーレイ(画面の枠、レイアウト、装飾など)をより良いものにしたりといったことですね。」

平岡さん「運営側からも選手の発信に協力しているのですね。そういった取り組みによってファンを獲得した先には、兼業から専業のプロゲーマーになるというステップが次にあると思います。」

翔 選手「そうですね。僕たち兼業プロゲーマーはゲームに使える時間が限られているのでそこに課題を感じています。」

平岡さん「とすると、しっかりトレーニングをする、大会に万全の状態で臨むためにも、普段からのコンディショニングが重要になってくると思います。大会に向けて何か意識してやっていることはありますか?」

翔 選手「大会ではやはり疲れてしまうことがあるので、色々なことを試しています。特に気を付けているのは食事の時間ですね。大会中に集中が途切れないようにするため3時間前に摂るようにしています。それと睡眠時間は普段は4~5時間程度ですが、大会の前には7~8時間は取るようにしています。」

平岡さん「今日はガチサプも差し上げますので、ぜひ試してみてください!」

翔 選手「個人的にも気になっていたので試してみます!」

次のページ:謎多きチームは元々サークルだった!?

関連記事一覧