• 還元型PROJECT
  • ゲーミングチーム「還元型PROJECT」の最新情報☆

【還元型PROJECT】よっさん選手インタビューVOL.2 格ゲーから学ぶ人生【後編】

▼還元型PROJECTチームユニフォームができました!
https://post.gamer2.jp/kanpro_uniform_release/

▼前編はこちら!
https://gamer2.jp/11407/

ゲーマーゲーマー発のeスポーツチームプロジェクト『還元型PROJECT』。選手たちの卒業を支援するために、コンディショニングを通して選手たちをサポートすることがテーマのチームです。

今回はよっさん選手インタビュー後編です。格ゲーから学んだことやよっさん選手にとって思い入れのあるゲームなど、ゲーム関連のお話が中心となりますよ。それではお写真と共に取材内容をお届けします!(取材日:2022.6.2)

〇よっさん選手 紹介

『ストリートファイターⅤ』のNo.1″ジュリ”使いとして名をはせるプレイヤー。『ストリートファイターIV』シリーズからジュリを使用し続け、彼のTwitterを見ればジュリへの愛を感じられることは間違いなし。『SFL:Pro-JP 2021トライアウト大会#1』で優勝を果たし、JeSU認定『ストリートファイターⅤ』プロライセンスを獲得する。『ギルティギア』シリーズでも有名なプレイヤーで、「よっさんコンボ」というコンボが生まれるほどの驚異的なやり込みで知られる。(https://kanpro-esports.gamer2.jp/members/yossan/

〇ゲームから全てを学ぶ

――よっさん選手がゲームからどのような影響を受けたと思いますか?

よっさん選手「人生、性格、考え方、お仕事、人付き合いと全部に影響がありますね。ゲームに本気になるまでは人生流れのまま何も考えない世間知らずだったんです。だけどゲーム関係の人たちから全てを学ぶことが出来ました。」

――まさにゲームが育て親なんですね。ちなみにゲームを本気で取り組み始める前にはどんなことをしていたのですか?

よっさん選手「中学校では剣道部に所属していたのですが、全然まともに取り組んでいませんでした。学生時代は友達の家でずっとゲームをすること以外は、特に何もやっていなかったんですよ。」

――ゲームはいつ頃からプレイしていたのですか?

よっさん選手「ゲームは物心つく頃からプレイしていました。しかし、私の家庭はゲームに対してあまり良いイメージを持っていなかったため、ずっと友達の家でプレイしていたんです。同じ友達の家にばかりいると迷惑になるため、何人かの友達の家をローテーションしていましたね(笑)。」

――賢く立ち回っていたんですね(笑)。ちなみに友達の家ではどんなゲームを遊んでいたのですか?

よっさん選手「友達が持っているゲームは何でもプレイしていました。でも友達の家ということもあり、クリアまでは遊ぶことがほとんどなかったです。そのため友達のプレイを見たり、レベル上げをさせてもらったりすることが多かったです。」

――そうなんですね。ではよっさん選手が初めてクリアしたゲームは覚えていますか?

よっさん選手「たしか『ドラゴンクエストⅤ』だったかもしれないです。それも友達の家でクリアしました。初めて遊んだRPGだったこともあり、めちゃくちゃ面白かったです。」

――初めて遊んだRPGは思い出に残りますよね!

〇『パワプロ』にハマり本当にピッチャーを担当した!?

――当時プレイした中で特に記憶に残っているゲームはありますか?

よっさん選手「『実況パワフルプロ野球』が好きでずっと遊んでいました。元々野球には興味がなかったのですが、やってみたらめちゃくちゃ面白かったんです。育成や友達との対戦がとても面白かったんです。」

――野球をやっていなかったのにハマるとは余程面白かったのですね!

よっさん選手「それからは野球のルールも覚えてみんなで本物の野球もやりましたね。まぁ、高校のグラウンドを借りて練習っぽいことをしていただけですが(笑)。」

――まさしくゲームから受けた影響ですね。ちなみにポジションはどこを担当していたのですか?

よっさん選手「ピッチャーをやっていました。コントロールは悪かったのですが、肩だけは良かったので(笑)。」

――ピッチャーとは凄いですね。ちなみに試合などはどれくらい行ったのですか?

よっさん選手「試合自体は数回しかやったことがないですね。そのためほとんどがバッティングやキャッチボールをしていました。」

〇格ゲーは勉強に通ずる!

――考え方に関しては、格ゲーからどのような影響を受けたのですか?

よっさん選手「格ゲーは勉強をするポイントが多かったので、学校の勉強もこうすれば良かったんだと感じることはありました。」

――ゲームに取り組んでから勉強の仕方が分かったのですね。

よっさん選手「ゲームに取り組む前は勉強の仕方すら分からなかったですね。むしろ必要性すら感じていませんでした。でも今になって英語はやっておけば良かったなとつくづく感じます……。」

――どういった場面で英語の必要性を感じることが多いのですか?

よっさん選手「海外の方と交流する機会があったときですね。あとは海外から帰ってくるたびに勉強しようとおもうのですが、毎回やらずじまいなんです(笑)。」

――英語の勉強あるあるかもしれませんね(笑)。

次のページ:不愛想だったよっさんは、格ゲーで人付き合いを学んだ

関連記事一覧