• 還元型PROJECT
  • ゲーミングチーム「還元型PROJECT」の最新情報☆

【還元型PROJECT】イツキ選手インタビューVOL.2 格ゲーに染まった過去と今【前編】

▼還元型PROJECTチームユニフォームができました!
https://post.gamer2.jp/kanpro_uniform_release/

▼第1弾取材「ITK 選手選手インタビュー 日本三大ダルシム使いの本性」はこちら!
【前編】
https://gamer2.jp/10688/
【後編】
https://gamer2.jp/11084/

ゲーマーゲーマー発のeスポーツチームプロジェクト『還元型プロジェクト』。選手たちの卒業を支援するために、コンディショニングを通して選手たちをサポートすることがテーマのチームです。

ゲーマーゲーマーでは『還元型プロジェクト』に参加する選手たちへ2回目となるインタビューを行いました。1回目では聞ききれなかったことはもちろん、選手たちの素顔へより迫る内容をお届けします。今回はイツキ選手取材第2弾としてオンラインでインタビューを行いました。第1回ではイツキ選手のゲーム歴やダルシムを使う理由、格ゲーに対する熱い思いなどを語って頂きましたね。

2回目では過去の大会やゲームセンターでの思い出、格ゲーから得たものなどを中心にお話を伺いました。果たして本インタビューではどのようなイツキ選手の一面を見ることが出来るのでしょうか。それでは早速第1回で載せきれなかったお写真と共に取材内容をお届けします。(取材日2022.5.27)

〇イツキ選手 プロフィール

“日本三大ダルシム使い”の1人に数えられる最強ダルシム使い。自称「ストV界、最後の良心」。2020年にJeSU認定『ストリートファイターⅤ』プロライセンスを獲得した。プロとしての腕前はもちろん「ゲームと人」という同人冊子を制作するなど、格闘ゲームの普及活動にも力を入れている。また、ゲームセンターの風景を撮影した写真集『JOYSTICK GAMERS!』を刊行、さらに写真展を開催した経歴を持ち、他のプレイヤーとは異なる角度からゲームやシーンを見つめ注目を集めている。(https://kanpro-esports.gamer2.jp/members/itk/

〇重要な場面でやらかしたこととは

――まずはこれまでに出場した大会について伺おうと思います。まず、イツキ選手が経験してきた大会の中で一番悔しい思いをした大会について教えてください。

イツキ選手「『CAPCOM Pro Tour 2020 Asia East 2』ですね。この大会シリーズは基本的にオフラインで開催されるものなのですが、この年からはオンラインでの開催へと切り替わったんです。しかし、大会としての権威は非常に大きく、優勝すれば大きなメリットがあるという重要な大会でした。」

――これは大きな大会ですね~。

イツキ選手「結果としては4位だったのですが、ルーザーズの試合で当たったももち選手(※)との試合で、大事な場面でコマンドミスをしてしまったことは今でも鮮明に覚えています。ももち選手の行動は読めていたので、想定通りに動ければ次のラウンドに繋げることができたのにも関わらず、結果ミスをして負けてしまったんです。」

(※)ももち選手は忍ism代表取締役社長であり同チーム所属のプロゲーマー。『ストリートファイター』を中心に長きに渡り活躍を続ける。忍者の末裔であることでも知られる。

――勝てるという場面でミスをしてしまうのは非常に悔しいですね。

イツキ選手「もしかしたらさらに上の順位に行けたのかなと考えると、ものすごく悔しい大会でした。」

――コマンド入力をミスした原因を自分ではどうお考えですか?

イツキ選手「これは完全に焦りですね。ギリギリで間に合わせなければいけないタイミングで焦って、こういった結果になってしまったんです。」

――焦りが原因だったのですね。ちなみにイツキ選手は試合中に緊張される方なのですか?

イツキ選手「普段はあまり緊張しない方ですね。しかし、あの試合はかなり逼迫した状況でありチャンスでもあったんです。だからこそ、あのミスさえなければと思ってしまいますね。」

――この試合以降、何かメンタル面で意識していることはありますか?

イツキ選手「なるべくリラックスして気負わずに、楽しくプレイしようと心がけています。」

――どんな状況でもリラックスできることが一番大事ですね!

次のページ:ダルシム使いの熱い友情

関連記事一覧