• 還元型PROJECT
  • ゲーミングチーム「還元型PROJECT」の最新情報☆

【還元型PROJECT】イツキ選手インタビューVOL.2 格ゲーに染まった過去と今【前編】

▼還元型PROJECTチームユニフォームができました!
https://post.gamer2.jp/kanpro_uniform_release/

▼第1弾取材「ITK 選手選手インタビュー 日本三大ダルシム使いの本性」はこちら!
【前編】
https://gamer2.jp/10688/
【後編】
https://gamer2.jp/11084/

ゲーマーゲーマー発のeスポーツチームプロジェクト『還元型プロジェクト』。選手たちの卒業を支援するために、コンディショニングを通して選手たちをサポートすることがテーマのチームです。

ゲーマーゲーマーでは『還元型プロジェクト』に参加する選手たちへ2回目となるインタビューを行いました。1回目では聞ききれなかったことはもちろん、選手たちの素顔へより迫る内容をお届けします。今回はイツキ選手取材第2弾としてオンラインでインタビューを行いました。第1回ではイツキ選手のゲーム歴やダルシムを使う理由、格ゲーに対する熱い思いなどを語って頂きましたね。

2回目では過去の大会やゲームセンターでの思い出、格ゲーから得たものなどを中心にお話を伺いました。果たして本インタビューではどのようなイツキ選手の一面を見ることが出来るのでしょうか。それでは早速第1回で載せきれなかったお写真と共に取材内容をお届けします。(取材日2022.5.27)

〇イツキ選手 プロフィール

“日本三大ダルシム使い”の1人に数えられる最強ダルシム使い。自称「ストV界、最後の良心」。2020年にJeSU認定『ストリートファイターⅤ』プロライセンスを獲得した。プロとしての腕前はもちろん「ゲームと人」という同人冊子を制作するなど、格闘ゲームの普及活動にも力を入れている。また、ゲームセンターの風景を撮影した写真集『JOYSTICK GAMERS!』を刊行、さらに写真展を開催した経歴を持ち、他のプレイヤーとは異なる角度からゲームやシーンを見つめ注目を集めている。(https://kanpro-esports.gamer2.jp/members/itk/

〇重要な場面でやらかしたこととは

――まずはこれまでに出場した大会について伺おうと思います。まず、イツキ選手が経験してきた大会の中で一番悔しい思いをした大会について教えてください。

イツキ選手「『CAPCOM Pro Tour 2020 Asia East 2』ですね。この大会シリーズは基本的にオフラインで開催されるものなのですが、この年からはオンラインでの開催へと切り替わったんです。しかし、大会としての権威は非常に大きく、優勝すれば大きなメリットがあるという重要な大会でした。」

――これは大きな大会ですね~。

イツキ選手「結果としては4位だったのですが、ルーザーズの試合で当たったももち選手(※)との試合で、大事な場面でコマンドミスをしてしまったことは今でも鮮明に覚えています。ももち選手の行動は読めていたので、想定通りに動ければ次のラウンドに繋げることができたのにも関わらず、結果ミスをして負けてしまったんです。」

(※)ももち選手は忍ism代表取締役社長であり同チーム所属のプロゲーマー。『ストリートファイター』を中心に長きに渡り活躍を続ける。忍者の末裔であることでも知られる。

――勝てるという場面でミスをしてしまうのは非常に悔しいですね。

イツキ選手「もしかしたらさらに上の順位に行けたのかなと考えると、ものすごく悔しい大会でした。」

――コマンド入力をミスした原因を自分ではどうお考えですか?

イツキ選手「これは完全に焦りですね。ギリギリで間に合わせなければいけないタイミングで焦って、こういった結果になってしまったんです。」

――焦りが原因だったのですね。ちなみにイツキ選手は試合中に緊張される方なのですか?

イツキ選手「普段はあまり緊張しない方ですね。しかし、あの試合はかなり逼迫した状況でありチャンスでもあったんです。だからこそ、あのミスさえなければと思ってしまいますね。」

――この試合以降、何かメンタル面で意識していることはありますか?

イツキ選手「なるべくリラックスして気負わずに、楽しくプレイしようと心がけています。」

――どんな状況でもリラックスできることが一番大事ですね!

〇ダルシム使いの熱い友情

――では、これまでの大会で特に嬉しかったことって何でしょうか?

イツキ選手「YHC-餅と鶏めし(※)という十数年間仲の良いダルシム使いがいるのですが、彼らと『Tokyo Online Party 3on3 2nd』に出場して優勝したことが一番嬉しかったです。」

(※)YHC-餅選手、鶏めし選手は過去作よりダルシム使いとして知られるプレイヤーで、イツキ選手を含め日本三大ダルシム使いと称されることも。

――ダルシム使い同士で大会に出場するとは凄いです!

イツキ選手「それまでも何回か3人で大会に出場したことはあったのですが、優勝したことは初めてだったのでとても嬉しかったです。また、ディスコードで作戦を練ったり、試合中の盛り上げを行うなど、本当に面白かった大会ですね。」

――ディスコードではどのような作戦を練っていたのですか?

イツキ選手「キャラが全員ダルシムなので、そもそもどのキャラに有利不利といった戦術もないんですけどね(笑)。だから試合中は誰が行けるのか、戦いたいかということを話し合っていました。」

――ちなみにこの3人で出場した大会で他に記憶に残っている大会はありますか?

イツキ選手「手前味噌になってしまうのですが、爆発事故に巻き込まれて家が全壊してしまった鶏めしのためにみんなで開催したチャリティー大会『鶏めし杯』がとても印象に残っています。3日くらいで開催した即席大会の割にはたくさんの人の参加や協力を頂いて、結果想定以上の金額が集まったことは本当に嬉しかったですね。」

――これは素敵なお話ですね!

イツキ選手「今までこういった経験がなかったので、たくさんの人が協力してくれたことには感動しました。」

――格ゲーコミュニティの温かさが分かるいいエピソードです!

2020/7/30に起きた爆発事故は全国ニュースでも取り上げられました。その直後である8/1にイツキ選手が中心となって開催されたチャリティー大会『鶏めし杯』は複数のメディアで取り上げられ、現在でも当時の記事を閲覧することができます。(※以下のリンクは外部サイトへ移動します)
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2008/03/news095.html
https://kai-you.net/article/77010

〇今とは違う?!イツキ選手が通っていたゲームセンター事情とは

――イツキ選手はアーケード文化直撃世代ですが、当時のゲームセンターはどういった雰囲気だったのですか?

イツキ選手「今のゲームセンターを見て綺麗なイメージを想像する人も多いと思いますが、当時僕が通っていたゲームセンターは基本的に薄暗くてジメジメしていて狭くてカビ臭いという、入るのに高いハードルがあるような難易度の高い場所でした。」

――それは確かに入るのをためらっちゃいますね。

イツキ選手「本当にそんな感じです。何か怖い人がいるんじゃないかな~みたいな(笑)。特に個人経営のゲームセンターが多かった時代なので、そういったお店は多かったですね。」

――当時のゲームセンターにはどれくらいの人がいたのでしょうか?

イツキ選手「結構な人数がいたと思いますよ。僕が通っていたゲームセンターは週末の夜にはたくさんの人がいましたが、それ以外もそこそこ盛り上がっているといった具合でしたね。」

――現在ゲームセンターはクレーンゲームやプリントシール機中心のお店が増えましたが、当時はどういった人達がいたのですか?

イツキ選手「学生や不良、職業不詳の怪しい人など、ならず者が集まる場所でした(笑)。」

――それは何となくイメージ出来ます(笑)。

イツキ選手「当時のゲームセンターは学校のPTAからも行っちゃダメ!と念を押されるような場所だったんです。」

――それでもあの非日常感は魅力的ですよね。

イツキ選手「今ゲームセンターにいる人たちはゲーム好きの熱心なファンが多いと思います。対して当時は娯楽が少なかったのでゲーム好きな人だけでなく、行くところのない人がゲームセンターに集まっていたという感じでした。」

――当時の人たちにとってゲームセンターは憩いの場だったのですね。

前編はここまで!後編ではイツキ選手のゲームセンター時代のとんでもエピソードや、格ゲーと人生の関わりなどをお聞きします。次回もお楽しみに☆

▼『還元型PROJECT』についてもっと知りたい方はこちら
https://kanpro-esports.gamer2.jp/about/

▼還元型PROJECTの選手取材はこちらからご覧になれます!
https://gamer2.jp/category/kanpro/

『還元型PROJECT』では選手の新たなスポンサーを募集しています!

『還元型PROJECT』は、選手が新たなスポンサードを獲得し他チームへと移籍すること(卒業)を推奨しています。

選手に興味を持ってくださった企業様・チーム様はぜひお気軽にお問合せください。私たちは選手が卒業し新たな場所で活躍することで、コンディショニングの良さ・大切さがより広く伝えられることを期待しています!

またチームとしての『還元型PROJECT』や、コンディショニング、サプリメントに興味がある企業様、チーム様もお気軽にお問合せください!

▼お問合せフォームはこちら
https://kanpro-esports.gamer2.jp/contact/

関連記事一覧