• 還元型PROJECT
  • ゲーミングチーム「還元型PROJECT」の最新情報☆

【還元型PROJECT】もると選手インタビューVOL.2 格ゲー一筋はこれからも【前編】

▼還元型PROJECTチームユニフォームができました!
https://post.gamer2.jp/kanpro_uniform_release/

▼第1回インタビュー 「格ゲー界に現れた期待の新星はいかにして強くなったのか」
前編 https://gamer2.jp/10752/
後編 https://gamer2.jp/10987/

ゲーマーゲーマー発のeスポーツチームプロジェクト『還元型プロジェクト』。選手たちの卒業を支援するために、コンディショニングを通して選手たちをサポートすることがテーマのチームです。

ゲーマーゲーマーでは『還元型プロジェクト』に参加する選手たちへ2回目となるインタビューを行いました。1回目では聞ききれなかったことはもちろん、選手たちの素顔へより迫る内容をお届けします。

今回オンラインインタビューを行ったのはもると選手!1回目ではもると選手の格ゲー一筋な人生や、部活動での珍エピソード、ダンへの深いこだわりなどをお聞きしました。2回目となる本インタビューでは、もると選手のこれまでの活動をより深掘りしました。格ゲー人生で強く印象に残っていることや、ウメハラ選手との交流、格ゲーから学んだことなど、もると選手の実像に迫ります。(取材日:2022.5.31)

〇もると選手 紹介

JeSU認定『ストリートファイターⅤ』プロライセンスを所持者。2021年に大会に出場し始め「SFL:Pro-JP 2021トライアウト大会#8」で優勝したことをきっかけにその名を轟かせた。反応速度の速さや持前の器用さで、ダンや影ナル者を始めとした様々なキャラクターを使いこなす。特にネタキャラ扱いされることが多いダンで優秀な成績を収めたことで注目を集めている。(https://gamer2.jp/kanpro_member_moruto/

〇”プロ”との対戦で感じた壁

――まず最初はこれまでの大会や対戦のことについて伺います。もると選手は昨年から大会に出場するようなったとのことですが、これまでの大会や対戦で最も悔しい思いをしたものはありますか?

もると選手「一番最初に出場した『CAPCOM Pro Tour 2021 日本大会1』(以下、CPT)ですね。ダンを使用して出場した初の大会で、予選プールのウィナーズファイナルまで順調にコマを進めることができました。しかし、そこでももちさん(※)と当たってしまい散ってしまったんです。」

(※)ももち選手は忍ism代表取締役社長であり同チーム所属のプロゲーマー。『ストリートファイター』シリーズを中心に長きに渡り活躍を続ける。忍者の末裔であることでも知られる。

――ももち選手はどういったところが手強いと感じましたか。

もると選手「当初はプロ相手でも、あの頃のダンだったら行けると思っていました。しかし、ももちさんはダンの性能を熟知していたんです。対策されていないだろうと思っていただけに、そこが一番悔しかったですね。」

――試合内容はどんな感じだったのでしょうか。

もると選手「お互い待つ戦いが多く、とても緊迫感のある試合でした。ももちさんはダンに関する知識は持っていましたが、対戦までした経験はなかったと思うので、あの頃はなんとか戦えていましたね。今は対策や対戦経験を積んでいる方も多いと思うので、ある意味ぼったくるようなプレイは出来ないんです。」

――トッププレイヤーは何でも対策済みなんですね。

もると選手「もし、ももちさんに勝つことが出来れば2日目に残ることが出来た可能性もあったので、あの対戦は本当に悔しい思い出です。」

〇トッププレイヤーとの交流も

――では逆にこれまでで嬉しくて記憶に残る大会や対戦はありますか。

もると選手「去年の『SFL:Pro-JP 2021トライアウト大会#8』で優勝してJeSUプロライセンスを獲得できたことです。しかも公式大会で初の優勝を獲得できたこともあって、とても記憶に残る大会でした。」

――もると選手が頭角を現した大会ですね。

もると選手「大会での対戦中は落ち着いていたのですが、大会が終わって喜びのツイートをしようとしたら手が震えていたことを覚えています(笑)。」

――やはり相当力を入れていた大会だったのですね。

もると選手「正直あの頃のダンの性能なら大会でも上位に食い込めると考えていました。また、トップ8に残っている人たちのほとんどがネットで対戦したことのある人ばかりだったんです。そこではダンを使用していたため、手の内はバレていたにも関わらず優勝できたことが本当に嬉しかったです。」

――他には何か印象に残っている大会はありますか。

もると選手「少し前に参加した『ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021』(※)もとても印象に残っています。ハラハラする展開がずっと続き、特にふ~どさんやウメハラさんの試合をじかに見ることが出来たことは、特等席にいる気分でした。」

(※)『ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021』は2021年秋~2022年冬頃に開催された国内最高峰のプロリーグ。もると選手はウメハラ選手、ふ~ど選手率いるMildom Beastというチームにドラフト候補の中からスカウトされた。同じくスカウトされたYHC-選手を含む4名で勝ち進み、最終結果3位という成績を収めた。

――レジェンド選手と同じチームに入れたことは貴重な経験ですね。

もると選手「対戦中もずっとワイワイしているチームでしたね。特にウメハラさんは本当に明るくて、配信外でも終始賑やかに盛り上げてくれました。また、ふ~どさんはアドバイスをしてくださり、YHC-餅さんは『もるちゃんいいよ~』と応援してくれました。本当に楽しいチームでした。」

――それは素敵な思い出ですね!

〇子供の頃から才能アリ?!

――もると選手はオンライン対戦で実力を付けてきましたが、ゲームセンターに行くということはあったのですか。

もると選手「ガチで格ゲーをプレイしに行くというよりは、友達に誘われた時に少し遊びにいく程度でした。」

――友達とはどのようなゲームをプレイして遊んでいたのですか?

もると選手「友達と行っても、ゲーセン内ではそれぞれ分かれて私は格ゲーを遊んでいました(笑)。」

――本当に格ゲー一筋ですね~(笑)。ではゲームセンターに行った中で特に印象に残った出来事などはありましたか。

もると選手「小学校1年生くらいの時に親とゲームセンターに行って『MARVEL VS. CAPCOM』を遊んだことは今でも覚えています。当時は何も分からずガチャガチャ遊んでいたのですが、親曰く結構勝てていたらしいんです。それで何人かの大人が後ろでベガ立ちしていたということを後から聞きました(笑)。」

――当時から格ゲーの才能があったのかもしれませんね(笑)。

〇オンライン対戦で出会った不思議なプレイヤーたち

――では今までオンライン対戦をしている中で面白かった出来事はありますか。

もると選手「一部の格ゲー界隈では、同キャラ同士の対戦になったらお決まりの挨拶をするのですが、それが面白いなと思います。開幕バックジャンプして挑発するみたいなやつですね。(※)」

(※)挑発は各キャラクターに用意された特定のモーションを指す。基本的に一切のメリットがなく、一定時間の隙を晒すことになるため通常の対戦では使われないが、もると選手が使用するダンは挑発を戦術に組み込めることが特徴。

――もると選手はそういった場面に遭遇したことがあるのですか。

もると選手「ダンで同キャラ戦になった時には何かやりたいなと思っています。でもこのご時世に挑発関連の動きを挨拶に組み込んでしまうと最悪の場合、“最高の瞬間”をシェアされてしまうかもしれないので気をつけたいですね(笑)。」

――最高の瞬間(笑)。そこは節度を持って楽しみましょう(笑)。ちなみに同キャラ対戦の時に動きを合わせるというような風習は格ゲー文化ならではですよね。

もると選手「私も大会の動画で初めて知りました。今でも『ストⅤ』ではレインボー・ミカのマイクパフォーマンスをお互いに最後までやるみたいなことはありますね。」

――もると選手はそういったことは合わせるタイプですか?

もると選手「ないですね。あっても普通に止めちゃいます(笑)。」

――勝利に貪欲なタイプですね(笑)。ちなみにこれまでの対戦で印象に残るプレイヤーはいましたか?

もると選手「変わったダン使いになら遭遇したことがあります。ダンには挑発を連発する技があるのですが、それを実戦に組み込んできたんです。その技はダメージがないうえにゲージを全部使い切ってしまうもので、しかもその間に攻撃を食らったら即死してしまうんです。」

――ある意味ネタキャラを使いこなしていますね(笑)。

もると選手「ダンは弱いことがコンセプトなので、ある意味設定通りですね(笑)。」

前編はここまで!次回の後編ではもると選手が感激したウメハラさんの一面や、スポーツからゲームへ活かせたことなど、内容が盛りだくさんです。次回もお楽しみに。

▼『還元型PROJECT』についてもっと知りたい方はこちら
https://kanpro-esports.gamer2.jp/about/

▼還元型PROJECTの選手取材はこちらからご覧になれます!
https://gamer2.jp/category/kanpro/

『還元型PROJECT』では選手の新たなスポンサーを募集しています!

『還元型PROJECT』は、選手が新たなスポンサードを獲得し他チームへと移籍すること(卒業)を推奨しています。

選手に興味を持ってくださった企業様・チーム様はぜひお気軽にお問合せください。私たちは選手が卒業し新たな場所で活躍することで、コンディショニングの良さ・大切さがより広く伝えられることを期待しています!

またチームとしての『還元型PROJECT』や、コンディショニング、サプリメントに興味がある企業様、チーム様もお気軽にお問合せください!

▼お問合せフォームはこちら
https://kanpro-esports.gamer2.jp/contact/

関連記事一覧