-チームATHLETEQ10の挑戦状 Vol.7 Creatives 後編

『フィジカルアスリートをサポートする還元型コエンザイムQ10配合のサプリメント、「ATHLETEQ10」はeスポーツプレイヤーのトレーニングもサポートできるのか!?』
という仮説からスタートしたモニタリング企画チームATHLETEQ10からの挑戦状!
モニタリング企画第7弾にご参加いただいたのは、『Creatives』のスプラトゥーン部門の皆さんです!

Creativesの皆さん、約1カ月間のモニタリングにご協力いただきありがとうございました!

チームやゲームタイトルの紹介を掲載した前編はこちら☆

モニタリング開始前には「睡眠の質の向上」や「集中力の面」での変化を期待する声が上がっていましたが、モニタリング期間を通じて変わったことはあったのでしょうか?

8月某日に結果報告会を行いましたので、その様子とともに結果をお伝えします♪

♢俺がAceさんのスプラトゥーンにかける思い

今回は練習中の様子のお写真も頂いちゃいました!

俺がAceさんがCreativesに入るまでの深いお話、そしてスプラトゥーンに対する思いを伺いました。

――Creativesに入ったきっかけやプロゲーマーになったきっかけは何ですか?
「最初は自分といぬまる選手、ダークパブロマン選手ともう一人で初期メンバーとして集まったんですね。そうしたら皆『ゲームで食べていきたい』という志を持っていて、自分だけがそう思っているわけじゃないんだと感じました。そこでプロチームに入るまで1年間頑張ってみないかと3人に声を掛けたら、仕事を辞めたりしてきたので志がどれだけ本気なのかが伝わってきました。その時僕は高校1年生だったのですが、皆が自分を信頼してついてきてくれたので責任を感じて、この人たちをプロゲーマーにしなきゃいけないと感じました。」
――皆さん相当な覚悟を持ってプロを目指していたんですね。ちなみに俺がAceさんはなぜマネージャーになったのでしょうか?
「自分はスプラトゥーンが特別上手いというわけではなかったんですよ。そこで皆のために何ができるかを考えたら、選手をバックアップすることだったんです。そして選手には大会に出場してもらって自分はプレイなどをまとめてプロチームに営業に行きました。しかしスプラトゥーンは競技シーンがあまり盛り上がってないなどの理由でほとんど断られてしまいました。ただCreativesはしっかりと話を聞いてプレイヤー目線で話してくれるチームの代表がいてここで頑張りたい、と思ったので入りました。」
――苦労されて今の皆さんがあるということが感じられました。ちなみに元々ダークパブロマン選手といぬまる選手が繋がっていたのは、コミュニティなどがあったのですか?
「とあるアマチュアのeスポーツチームにスプラトゥーン部門ができるということで参加して、プロになるのを手伝いたいと思っていました。しかし、ある日そのチームが解散になって他のメンバーは活動をやめたのですが、後にCreativesの初期メンバーとなる3人は残ってくれました。だからこの人たちは頑張らせる価値があると感じて続けようと思いました。」
――ありがとうございます。とても胸が熱くなるお話で、個人的に応援したくなりました。
それでは、スプラトゥーン3が発売されたら、こんな大会を開きたいみたいな野望はありますか?
「大会への参加は敷居が高いように感じています。大会=優勝を目指すものというイメージがどうしてもあるからですね。そこで自分が大会を開いて、エンジョイプレイヤーでも楽しんで大会に参加できるようにできたらと思っています。」
♢選手のアンケートはどのような結果に?

今回Creativesの皆さんには約1カ月間「還元型コエンザイムQ10」のサプリメントを試していただいたあと、「睡眠の質」や「トレーニングの質」、「ストレス」に関する項目でゲーマーゲーマー独自に作成したアンケートに回答していただきました♪
企画の趣旨についてはこちらをご覧ください☆

還元型コエンザイムQ10とは!?
結果にこだわる一流アスリートが愛用する「還元型コエンザイムQ10」配合のサプリメント「ATHLETEQ10®」はeスポーツプレイヤーにも効果を発揮するのか!?『チームATHLETE Q10』が挑戦状を叩きつける!

それではアンケート結果をご覧ください!

※以上は個人の感想をまとめたものです

♢やはり変化アリ!睡眠の質

――皆さん睡眠に関して変化を得られたとのことでしたが、睡眠に関しての悩みなどがあったのでしょうか。
「そもそも睡眠時間が5時間程と長く確保できていないのですが、そのせいで昼間にも眠くなってしまうんですね。その時にジェルのものを飲んでいました。他のエナジードリンクだと飲んでしばらくしてから眠気がなくなる、といった感じだったのですが、今回のものは飲んだらすぐに眠気がなくなりましたね。」
――飲んですぐに変化を得られたのですね。いぬまる選手はいかがでしょうか。
「布団に入ってから眠りにつくまでの寝つきが悪く、寝起きも悪かったのですが、そういった部分が改善されました。」
――寝つき・寝起きともに変化を感じたとのことですが、生活面に何か影響はありましたか?
「寝起きが良くなったので、練習を始めるまでのスムーズさが向上しました。」
――ひかりつ選手は睡眠に関する悩みはありましたか?
「寝不足が続いていてプレイへの悪影響を感じていたのですが、サプリメントを飲み始めて1週間程で変化を感じ始めました。自分は寝不足だと目が二重になってしまうのですが、そういうことがなくなってゲームでも集中力が続くようになったのを実感しましたね。」
――寝不足が解消されたのですね。集中力などに影響はありましたか?
「寝不足の時はなかなか集中力が続かなくて長時間の練習もできなかったのですが、サプリメントを摂取し始めてからはそれらができるようになりました。」
――1週間で変化を感じたとのことでしたが、モニタリング期間を終えた後に感じたことはありますか?
「生活習慣そのものを改善したわけではなかったので、また寝不足になってしまいました。集中力も意識すれば多少マシではあるんですが、サプリメントを摂取していた時に比べて欠けていると感じますね。」
――ダークパブロマン選手は睡眠についての悩みはいかがでしょうか?
「仕事から帰ってから疲労回復のために少し仮眠をするのですが、今間では起きたときにだるさが残っていたんです。それがなくなり、スッと起きてモニターの前に行けるようになりました。」
♢お肌や緊張感、不安感への変化も!

前回の取材記事では、選手のイカちゃんの画像も大きく掲載していますよ!

――モニタリング期間を通して、睡眠の質以外での変化はありましたか?
「飲み始めてから1週間から2週間でニキビがなくなっていてびっくりしました。マスクを着けていると肌荒れを起こすのですが、そういったこともなかったです。飲み終わってから1週間程するとニキビなどがまた出てきてしまったので、個人でサプリメントを購入しました。」
「大会に出る機会があったのですが、その大会前にジェルのものを飲みました。そのおかげか試合中でも集中力が継続したり頭の回転が速くなったりと、安定したプレイができましたね。」
――ダークパブロマン選手は緊張や不安感も和らいだとのことでしたが、いつごろから実感し始めましたか?
「1週間程度ですね。集中した後にボーっとすることがあったのですがなくなりました。他にも代謝がよくなって体重が1kg減ったり、汗が沢山出るようになったりしました。」
――代謝がよくなったとのことですが、サプリメントを飲む以外に生活の中で変えたことはありますか?
「特に変えてはいないです。しいて言えばエナジードリンクを飲む量が減ったくらいですかね。眠気をあまり感じなくなったので飲む必要性を感じなくなりました。」
――ひかりつ選手はエイムの精度の面でもよくなったと実感されたようですが、ゲームプレイの面ではいかがでしたか。
「プレイし始めてから調子が上がるまで時間がいるのですが、その必要とする時間が短くなったり、プレイに安定感を感じたりしました。」
――俺がAceさんのアンケートの回答によると緊張感や不安感が和らいだとのことでしたが、具体的にどういう場面でそのように感じましたか?
「まずゲームのランクマッチをプレイするときに負けが続くとイライラしてしまうことがあるのですが、そういったことが減って精神面における負担が軽くなったと感じました。ゲームのプレイ以外では大会を開催した時ですね。大会運営はミスを起こせないので緊張してしまうのですが、飲み始めて2週間ほどでこちらも気持ちが軽くなった印象を受けました。」
――大会の運営でも緊張を感じるのですね。
「そうですね。一度ミスをしてしまうと参加者が減るかもしれないという不安や、参加者に迷惑をかけてしまうことを考えると緊張してしまいますね。」
――何かトラブルがあったときは俺がAceさんが間を取り持つことがあると伺ったのですが、練習中も参加して様子を見ているんですか?
「公式大会前はよく熱くなってしまってしまうのですが、それが原因でチームが解散、なんてことになってしまうのはダメだと思うので、公式大会前は必ず見に行っています。万が一ヒートアップしてしまった場合、両者に意見があると思うので『一回整理しよう』といった感じでなだめていますね。」
――俺がAceさんはそういった立場にいますがまだ若干19歳ですよね!その若さでその立ち位置を務めるのは大変だと思いますが、何か過去の経験が役に立っているのでしょうか?
「中学生の頃に卓球部で副部長をしていたのですが、全力で取り組む部活だったので部内でギスギスした空気になることがあったんですね。それを仲介していた経験が活きているのかもしれないです。でも選手たちとは以前から一緒にやっているということもあって、ケンカしても2,3日後には仲直りするのが分かっていることが大きいかなと思います。」
♢ 良い反応がいただけたモニタリング

Creativesの皆さんによる結果報告会はいかがでしたでしょうか。モニタリング後にも継続して使用していただいていたり、睡眠の質やお肌の変化、緊張・不安感への変化を感じたりと、良い反応がいただけました。

特に人間の活動のベースになる「睡眠の質」の向上は睡眠時間が短くなってしまっている選手にとってかなり重要であると思われます。
「睡眠の質」の向上がお肌の環境改善やトレーニングの質の向上にも影響を与えているのかもしれませんね。

また、チーム結成のきっかけや、スプラトゥーンにかける熱い思いに関するお話は、心を動かされるものがありました。
新作が発表され更なる盛り上がりが期待されるスプラトゥーン。今後のCreativesの皆さんのご活躍に期待しちゃいます!

ということで『チームATHLETEQ10からの挑戦状』第7弾でした。Creativesの皆さん、ありがとうございました!

(文責:ゲーマーゲーマー編集部)

他のチームではどんな結果を得られたのでしょうか!?「チームATHLETEQ10からの挑戦状」の記事は以下よりご覧いただけます!

関連記事一覧