PCゲームとカードゲームで青春を謳歌する!55名在籍の大人気ゲームクリエイター部とは⁉ 菊武ビジネス専門学校

さて今回私たちが取材したのは「菊武ビジネス専門学校」です!愛知県名古屋市に位置する学校で、ビジネス情報科などビジネスに特化した授業があることが特徴です。

そして同校には「ゲームクリエイター部」という部活があり、そこではeスポーツ活動に勤しむ生徒さんがたくさんいるとのこと!一体どんな部活なのでしょうか?今回はオンライン取材にて部員の皆さんとお話をすることができましたので、早速お写真と共に取材内容をお届けします☆(取材日:2021.9.9)

◇ ロケットリーグとフォートナイトをプレイ中!

部員メンバー(左から)
・猪上 智輝くん(いのうえ ともき) 2年生
・櫻井 祐弥くん(さくらい ゆうや) 1年生
・大野 伸くん(おおの しん) 1年生
・本田 時政くん(ほんだ ときまさ) 2年生

――本日はよろしくお願いします。早速ですが、皆さんがゲームクリエイター部に入ったキッカケを教えてください!
「中学生の時は周りにゲーマー友達がいなかったので、仲間を見つけたくて入部しました。あとは学校でいいパソコンを使ってゲームができるというところにも魅力を感じましたね。」
――確かにこの部活に入部すれば、同じ趣味を持った仲間はたくさんできそうですね!では櫻井くんはどんな理由でこの部活に入部したのですか?
「僕は中学生の時から『フォートナイト』をプレイしていて、友達と大会に出場したかったので入部しました。」
――櫻井くんはフォートナイトプレイヤーなんですね。
「僕もフォートナイトをプレイしています。中学生の頃からゲームが好きで、よくフォートナイトの大会にも出場していました。そしてその競技シーンで培ったスキルを学校でも活かしたいと思って入部したんです。」
――大野くんは競技シーン経験者でしたか!では本田くんはどんなことがキッカケで部に入部したのですか?
「以前はロケットリーグの大会に出場してみたいと思っていたのですが、周りにプレイしている人があまりいませんでした。なので一緒にロケットリーグをプレイしてくれるメンバーを集めるために入部しました。」
◇ それぞれのキッカケ

――皆さんのゲーマー歴や好きなゲームを教えてください!
「オープンワールド系のゲームが好きですね。自由で開放感があって、オンラインだと色々な人と関われるので大好きです!」
――オープンワールドは自由度が高くて楽しいですよね。
「僕は小学校3年生の時にPCで『サドンアタック』をプレイしていて、そこから『Alliance of Valiant Arms』などのFPSにハマりました。今でも『Call of Duty』や『Apex Legends』、『Splitgate』などの新作もプレイしています。でも遊び半分で始めた『ロケットリーグ』では、このゲームが持つ深い競技性に気づいたんです。そこからは大会なども観るようになって、まさにスポーツをやっている感覚でした。」
――FPSから『ロケットリーグ』に移行して、eスポーツの魅力に気づいたって感じですね!
「僕はスマホのゲームなど色々やっていますが、『フォートナイト』が1番ハマっています。ずっとやっていてプレイ時間は2000時間を超えていると思いますね(笑)。そして最初はスイッチでプレイしていましたが、今はPS5でプレイしています。」
――2000時間越えに加えてPS5でプレイしているって、中々ツッコミどころが多いですね(笑)。
「僕も『フォートナイト』や『マインクラフト』にはドハマりしていますね。ゲーム自体は小学校1年生からやっているので、ゲーマー歴は11年くらいです。」
◇ 圧倒的な部員数!

――この「ゲームクリエイター部」の部員数はどれくらいいるのですか?
「全員で55名います。半分の生徒はPCゲームを、もう半分生徒がカードゲームをプレイしていますね。」
――55名って物凄い数ですね!ちなみにパソコンは何台使って活動しているのですか?
「部で使用しているパソコンは全部で10台あります。当然10台では全員が使用できないので、ホワイトボードに日割りを書いて、使用できる曜日を決めています。」
――10台をみんなで使っているのですね。
「ちなみに55人中の半分ちかくがリアルのカードゲームをプレイしています。」
――PCゲームに加えてカードゲームもプレイしているなんて珍しいですね!ちなみに部員の皆さんはどういったゲームを練習しているのですか?
「部では『フォートナイト』と『ロケットリーグ』、『マジック:ザ・ギャザリング』をやっています。ちなみに僕は『ロケットリーグ』をメインに練習しています。残りの3人は『フォートナイト』をやっていますね。」
◇ ゲームも勉強も真面目!

――ゲームの練習はどうやっているのですか?
「『フォートナイト』はクリエイティブモードで対戦をしたり、編集モードで建築の練習をしたりしています。あとは2人でペアを組んで公開マッチに行くこともありますね。」
――対戦だけではなく、建築の練習もしているなんてすごいですね!ちなみに『ロケットリーグ』はどのように練習をしているのですか?
「カスタムトレーニングでトレーニングを中心に技術を学びながら、ランク戦で立ち回りなどを練習していますね。」
――皆さんきちんと練習をしていて偉いですね!こうした練習は家でもしているのでしょうか?
「PCが10台しかないので、家では個人練習をして、学校のPCが使えるときはチームメイトと合わせたりすることが多いですね。」
――自宅での練習と学校での練習を分けているのですね!ちなみにゲームで使うデバイスなどはどうしているのでしょうか?
「基本的には個人で使っているデバイスを持ち込んでいますね。」
「やはり慣れているデバイスを使うのが1番です!」
――部ではどれくらいの練習時間を設けているのでしょうか?
「残念ながら今は減っています。出来るときは2時間半ほどできたのですが、今は部活が新型コロナウイルスの影響で停止期間中なので、自宅で活動をしてもらうようにしています。」
――今は自宅での練習がメインなのですね。ちなみに家だとどれくらいゲームをプレイしているのですか?
「2時間から3時間くらいですね。」
「僕はたまに深夜までやってしまいます…。」
――成績に影響は出たりしていませんか?
「一応ランキングには入っていますよ。」
「そうですね。あと本田くんの成績は学年1位なんですよ。うちの部は結構成績がいい生徒が多いんです。」
――皆さんゲームと勉強を両立できていて凄いですね!
◇ 楽しむ気持ちを忘れずに

――皆さんは大会に出場したことはありますか?
「僕と櫻井くんと猪上くんは【STAGE:0】のフォートナイト部門に出場したことがあります。」
――初参加の「STAGE:0」はどうでしたか?
「最初の方の武器が微妙で…。なんとか後半では上位に上り詰めることができたのですが、予選を突破することはできませんでした。」
――それでも上位に行けたのは凄いですね!ちなみに『ロケットリーグ』では大会に出場したことはあるのでしょうか?
「僕は本田くんと「第3回全国高校eスポーツ選手権」の『ロケットリーグ』部門で大会に出場したことがありますね。」
――今後皆さんは何か大会に出場はするのでしょうか?
「第4回全国高校eスポーツ選手権」では新たに『フォートナイト』が採用されたので、そこに出場しようかと思います!」
――それでは最後に今後の目標を教えてください!
「【第4回全国高校eスポーツ選手権】の『フォートナイト』部門で予選を突破し、本戦では上位を目指したいです。あとはゲームを楽しむ心を忘れないようにしたいです!」
「大会の予選を突破し、上位を目指したいです。あとは味方を助けられるくらい強くなりたいですね。」
「ゲームは楽しいので、楽しい気持ちを忘れずにしたいです。そして来年の【STAGE:0】では1位を目指したいです。」
「『ロケットリーグ』はメンバーが集まらないときもあるので、大会などでいい成績を収めて、メンバーをどんどん増やしていきたいです。」
――ありがとうございました!
◇ 田村先生のお話

顧問の田村先生にもお話をお伺いしました!

――「ゲームクリエイター部」のeスポーツ活動はどのようにして始まったのでしょうか?
「eスポーツをしたいという生徒の声を校長先生が受け止めたことがキッカケです。校長先生が指導してくれたおかげで専用のネット回線を引くことができたんです。それで今は生徒がたくさんいるのでありがたいですね。」
――校長先生が直接動いてくれたおかげなんですね。ちなみに田村先生は部の顧問としてなにかやっていることはありますか?
「基本的には大会の手続き関係が多いですね。ゲーム指導をすることはあまりないですが、『マジック:ザ・ギャザリング』はプレイしているので色々教えてはいます。」
――部でプレイするゲームはどのように選んでいるのでしょうか?
「生徒の要望を聞きつつ、こちらで選んでいます。主に高校生大会があり、学校として出場できるものを選んでいますね。ちなみに『マジック:ザ・ギャザリング』はアクションゲームが出来ない生徒ために私が取り入れました。」
――部の雰囲気はどんなかんじなのでしょうか?
「すごく平和ですね。みんな真面目にゲームの練習をしています。そして1人プレイしていると周りに他の生徒が集まってくるのですが、私たちがゲームをしていた時代を思いだして微笑ましいですね。」
――そういった状況が生まれるのはオフラインで活動する部ならではですね。
「しかし夏休みはまん延防止等重点措置が出ていて活動が出来ませんでした。そのときは生徒たちが自発的にオンライン上で活動をしてくれていました。」
――田村先生の部としての目標を教えてください!
「大会で結果を出すことですね。楽しく活動して、結果が出れば嬉しいですよね。」
――本日はありがとうございました!

菊武ビジネス専門学校 ゲームクリエイター部の皆さんのお話を聞いていると、ゲームを本当に楽しんでいるんだなと感じるくらい、いきいきと部のことを話してくれたことが印象的でした。さらにゲームだけではなく、成績も優秀だったりと全国のeスポーツ部のお手本となるようなチームでしたね!

これからもゲーマーゲーマーは全国の高校生プレイヤーを取材し続けます!次回もお楽しみに☆

関連記事一覧