• HOME
  • ブログ
  • 高校eスポーツ部
  • 【PART.1】明聖高等学校 中野キャンパス☆eスポーツ部スペシャル第1弾!! ~ロケットリーグチーム「なかのんズ」特集~

【PART.1】明聖高等学校 中野キャンパス☆eスポーツ部スペシャル第1弾!! ~ロケットリーグチーム「なかのんズ」特集~

っという訳で全国で活躍するeスポーツ高校生!名付けてeアスリート☆「ゲーマーゲーマー」ではそんな高校生諸君やeスポーツ部にスポットを当て、普段どんな活動をしているかを特集しています!

今回訪れたのは「明聖高等学校 中野キャンパス(以下、明聖高校)」さん♪取材時は10月中旬、気温17℃と秋を感じる肌寒さに…!そんな中、明聖高校eスポーツ部に在籍する20名もの部員さんの中から、取材当日に12名の部員さんたちが集まってくれました(ありがとうございます!)☆(取材日 2019年10月17日)

■ロケットリーグチーム【なかのんズ】

今年8月25日に行われた『第2回 全国高校eスポーツ選手権』ロケットリーグ部門にて出場された、チーム「なかのんズ」の皆さん(全員高校2年生です!)☆今大会ではブロック予選の4回戦まで進み、大健闘されたお3方にお話しを伺ってきました♪それでは早速ど~ぞ!

「なかのんズ」チームメンバー
※写真左から(プレイヤー名)「RED01」くん、「鼻からフルーチェ(以下、山下)」くん、「おうどん」くん

——皆さんがeスポーツ部に入部されたのはいつからですか?

おうどん「去年(2018年)の10月くらいからです。3人とも同じタイミングでした。」

——3人の中でリーダーはどなたですか?

RED01/おうどん「山下くんです。」

——山下くんが、プレイヤー名「鼻からフルーチェ」の方ですね!なかなか特徴的な名前ですよね…。eスポーツ選手権のオンライン予選の動画も拝見していたんですが、頭に残る名前だな~と思っていました。今後もこれは使い続ける予定なんですか?

山下「はい(笑)。名前は、友達の案で”フルーチェ”っていうのが出てきて。それを元に考えたら”鼻からフルーチェ”が出てきました。フルーチェは使いたいので、名前はこのままいきます(笑)。」

——愛着があるプレイヤー名なんですね。おうどんくんのプレイヤー名の由来は?

おうどん「その場のノリです(笑)。元々うどんが昔から好きなんです。」

——「なかのんズ」というチーム名の由来を教えてください。

おうどん「実は3人で決めたわけじゃないんですよね(笑)。」

RED01「3人ともなかなかチーム名が決められなくて…。長引いてる間に先生が『なかのんズでいいんじゃないか』と(笑)。」

——なるほど(笑)!学校も「中野キャンパス」と付いていますし。覚え易いですよね…(納得)。

■とにかくオンラインマッチで対決しまくった

——eスポーツ部に入部されて、初めてロケットリーグをプレイし始めたんですよね?eスポーツ選手権の採用タイトルは「リーグオブレジェンド(以下、LoL)」と「ロケットリーグ」ですが、ロケットリーグを選んだ理由は何だったんですか?

RED01「俺の場合は、LoLを見てあれは合わないなと…。普段やってるのがアクションだったから。あと1つの試合に時間がかかるので、選ぶならロケットリーグの方かなって。」

おうどん「LoLのことは全然知らなくて。ロケットリーグは動画とかで見たことがあったので、知らないよりはいいかなって選びました。」

山下「知ってるYoutuberがやってたので、自分もやってみたいなって。」

——ロケットリーグはどんな所がプレイしていて楽しいですか?魅力を教えて下さい!

山下「そうですね…。3対3で戦うんですけど、単純にサッカーの様にボールをゴールに決めて点を取っていくっていうゲームなので初心者の方でも楽しめるんじゃないかな~と。」

——なるほど!ルール自体はシンプルということですね。それこそ、3人とも初心者で始めたということですが、最初からプレイし易かったですか?

RED01「すごく難しかったです(笑)。車だから、人みたいにすぐ斜めに移動したりとか、そういうことができなくて。車の場合だと方向をしっかり曲げていかないと思ったように進めないんですよね。タイヤが付いてるから人みたいな動き方が出来なくなっちゃって…。始めたばっかりだとボールに当たることすら難しい(苦笑)。」

——操作性にクセがありそうですもんね。

RED01「速度を出してボールを強く回したり、場合によっては遅くして相手が守りに来たりしてもタイミングをずらして妨害したり。」

山下「最初の方は当たって砕けろというか…。とにかく練習。オンラインマッチがあるんですけど、とにかくそれで対決しまくってましたね。」

RED01「その中で強い人ともたまに当たったりして、相手の動きを見て実際にうまい人がどう動いてるのか観察して、真似してきました。」

おうどん「途中から動画とか見つつテクニックを取り入れ始めた感じですね。」

——家でも練習したりするんですか?

RED01「ソフト自体は家にあるけど、やってないですね。ロケットリーグをやる場合は学校で。家ではスマブラが多いです。」

山下「僕はswitch版でもロケットリーグができるので、土日とか暇な時間があったら練習してますね…。」

おうどん「やってんの!?ほんと!!?」

一同「笑。」

——なんでおうどんくんが驚いてるんですか(笑)。山下くんは家でも練習をしているんですね。皆さん他にはどんなゲームをやっていますか?

山下「スマホだとモンストをやってます。あとクラロワ、ポケGOとか。」

おうどん「カードゲームは結構好きです。スマホだとシャドウバースとか。」

——おうどんくんシャドウバースやってるんですね!プレイ歴は長いんですか?

おうどん「一応スタンダードの一番最初の時から入れてます。そっちは完全に楽しんでやってるので、大会とか考えてないです(笑)。」

■部活は週に3回、1日2時間!

——やはり、大会の為に練習しているゲームとは別ものですか?

RED01「違いますね。普段遊んでるゲームでも大会だとこう…テクニックだとか。」

おうどん「普通に遊ぶだけのゲームの場合と考えることが違うので、全然違いますね。」

山下「大会となると調整とか…細かい部分まで目を向けなきゃいけないので。」

——ゲームへの向き合い方が全く変わるんですね。チームを結成して大変だったところとかありますか?

山下「部活が週に3回、月水金(15~17時)なんですけど、練習できる時間がそんなに多くないんです。だから自宅で技術とか練習を重ねてて…。(技術を上げるのが)結構大変なので、部活以外の時間も練習してます。」

——最近では学校のeスポーツ部が様々なメディアで取り上げられて、取材を受けたり注目を受けたりすることがあると思います。ご自身の周りではどんな変化がありましたか?

山下「あれですね。取材が来ることが多くなりました(笑)。」

——そういえば、テレビの取材も入ってらっしゃったんですよね!いかがでしたか?

おうどん「緊張しました!今も緊張してます(笑)。」

——なんと(笑)。そうでしたか!全然緊張している様には見えませんよ!RED01くんは「第2回 全国高校eスポーツ選手権」第4回戦でファーストゴールを決めましたね。見どころは沢山あるゲームだと思いますが、特にゴールを決めた瞬間はどういう気持ですか(興奮気味に)!?

RED01「嬉しい…ですね(笑)。あとはボールが入った瞬間の演出が好きだったりします。設定で変えることもできるんですけど、爆発するあの演出が結構好きです(※このゴール爆発は同タイトルの人気要素の1つで、DLCではバットマンやジュラシックワールドの限定爆発エフェクトも存在するほど)。」

——派手なエフェクトって爽快感があって気持ちいいですよね!チームとして、試合に勝つために意識していることはありますか?

山下「協力してプレイするゲームなので、コミュニケーションはなるべく取ることを意識してます。」

RED01「ボールに当たりに行くときに、二人同時に行っちゃうとぶつかったりしちゃうから、ちゃんと声を掛け合わないといけないんですよね(しみじみと)。」

——悔しい思いをした時、うまく試合運びが出来なかったときはどうしていますか?気分転換やストレス解消の方法などあれば教えてください。

RED01「負けて終わるより勝って終わった方が気持ち的に楽だから、なんとか1回でも勝ってから別のゲームしたりしてます。負けたまんま終わるのはちょっと気分があんまり…(笑)。」

——なるほど、勝てるまでやり続けるわけですね(笑)!ちなみに注目している同世代のプレイヤーやチームはいますか?

RED01 「今回の大会で他のチームで頭にすごい記憶に残ってるチームがいくつかあって。同じDブロックの”VTuberすこすこ隊”(笑)。名前もですけどプレイもすごく上手で印象的ですね。あと去年の優勝チームとかも。今回もブロック予選を圧倒的な強さで突破してたので。」

——今後の活動ですが、来年に「第3回高校生eスポーツ選手権」が開催されたら、それを目標にするという予定でしょうか?

RED01「そうですね!LoLは沢山大会とかあるんですけど、ロケットリーグはそんなに大会ないから(苦笑)。」

——えー…!少ない大会ながらもその1回に集中するモチベーションは凄そうですね…!!来年の活躍も期待しています。皆さんありがとうございました!

一同「ありがとうございました(笑)。」

———————————————–

最初は若干緊張の面持ちだったお3方も、中盤からリラックスして笑顔も見せてくれました♪今回、何より感じたのは「明聖高校」eスポーツ部の練習環境の良さ♪山下くん自身は「練習時間が足りていないかも」と心配している側面もあるのですが、綺麗な教室で最大20名が集まる練習環境は、部員同士のコミュニケーション力が高まり、何より切磋琢磨し成長するチャンスが多分にある環境なのではないかと感じた筆者でありました☆ロケットリーグチーム「なかのんズ」のこれからの躍進と活躍を期待しています…☆

っという訳で「明聖高校 中野キャンパス」特集パート1をお届けしましたが、次回パート2も近日公開になるのでこちらも是非ご覧ください♪ありがとうございました☆

関連記事一覧