コーチは元eスポーツプレイヤーで卒業生!【KG高等学院 大宮キャンパスeスポーツ部】

さて!今回ご紹介するのは全国に11キャンパスあるKG学院ですが、今回は鹿島学園高等学校、鹿島朝日高等学校提携「KG高等学院 大宮キャンパス(以下、KG学院)eスポーツ部」にお邪魔しました。

【冒頭写真左から】古田 琴暉くん(高2)、小林コーチ、髙山 実乃李さんさん(高3)

今回のチームのコーチはなんと!KG学院の卒業生の方なんです。それでは、早速ご紹介します!(取材日:2020年9月18日)

ーーそれでは小林コーチにお話を伺います。まずはKG学院eスポーツ部の特徴を教えてください。
「eスポーツ部と言っても属性的には部というよりは同好会的なんです。各キャンパスにPCが2、3台ずつあって興味のある生徒が予約をします。コーチが予約制になっていて、教えられる日は教えるよ、と言ったある程度自由に楽しんでもらう感じです。」
ーー小林先生はKG学院の卒業生ということですが、年齢はおいくつでしょうか?
「19歳です。大宮校と赤羽校、小山校に出張という形で週に何度か出勤しています。茨城や京都キャンパスにもオンラインで指導をしています。元々は小山キャンパスの学生でした。」
ーーコーチになられたきっかけはなんでしょうか?
「在学中にeスポーツの選手をやっていまして、それを知った先生が卒業後にeスポーツ部を始めるからコーチをやってみないか、と誘っていただいたのがきっかけです。」
ーー小林コーチも以前はeスポーツの選手だったのですね!
「はい、匠FestivalというチームにPlayerUnknowns Battlegrounds(PUBG)部門で所属していました。個人主催の大会Don cupに出場したり、所属していたチームのスポンサーイベントに出演させていただいていました。」
ーーもう一度選手に!とは思いますか?
「そうですね。一度引退したのですが、もう一度選手として復帰したいとは考えています。」

ーー楽しみです!さて、年齢も近い生徒さんも多いかと思いますが?
「そうですね、勿論コーチとして指導することはありますが、先生と生徒というよりは友達として接していることが多いですね。」
ーー生徒さんに気づかされることなどありますか?また生徒さんをを指導する側になって大変に感じることなどは?
「生徒1人1人がそれぞれのレベルが違いますし、目的も求めてるものも違う点ですね。特にオンラインで指導することが多く、生徒と顔を合わせながら指導することが少ないので何がわからないのか、何に困っているのかが分かりづらいんですよ。なるべく気を付けるようにはしていますが、オンラインはコミニュケーションが難しいですね。」
ーーコーチとしてこれからKG学院eスポーツ部をどうされたいと思っていますか?
「コーチとしての今後の目標はやはり生徒の実力が上がっていくのを近くで見たいな、と思います。生徒たちを大会に出場させたい、実績を作ってあげたいと思います。中心にしたいゲームとしてはApex Legendsと、希望が多ければバロラントですね。また、鹿島カップという大会を7月くらいから始めました!月に一度くらいなのですが、全キャンパス参加希望者をオンラインで集めてトーナメント戦をしています。」

【写真】古田 琴暉くん、髙山 実乃李さん

ーーそれでは、生徒さんお2人にインタビューしたいと思います!インタビューにお答えいただくのは3年生の髙山 実乃李さん、2年生の古田 琴暉くんです。よろしくお願い致します!まずはeスポーツ部に入ったきっかけを教えてください。
「学校の先生に誘って頂いたのがきっかけです。実は、PCゲームはKG学院に入って初めてやったんです。PCゲームは私の中ではまったく未知のゲームでした。」
「僕はゲームは1日中やれるくらいすっごく大好きです(笑)。ゲームが好きというのももちろんですが、キャンパスを見学しにきた時に凄いPCが並んでいてそれで更に興味が湧きました。KG学院に入ったきっかけもeスポーツ部があったからと言っても過言ではないです。実は僕もKG学院に入るまではPCゲームはしたことなかったんですよ。」
ーー今、取り組んでいるゲームのタイトルはなんですか?
「Apex Legends、ぷよぷよ、テトリスですね。KG学院でやっているゲームは女の子から男の子まで楽しめるゲームをしているなぁと思います。1つのゲームに絞らないでいろんなゲームを楽しんでいます。」
「Apex Legendsが中心です。他のゲームは今はほとんどやらないです。早くApex Legendsが上手になりたいと思っています。」
ーーやはりApex Legendsなんですね。ではお2人の思うApex Legendsの魅力や難しいと思うところを教えてください。
「まだPCゲームに慣れていないので、全てが斬新で難しいです(笑)。 Apex Legendsは映像が凄く綺麗だったり、動きがスムーズ。まだまだ上手くできない部分も多いですが、それがまた楽しいですね。」
「とにかく奥が深いです!本当に数えきれないくらい戦略、戦術があって無限の面白さがあると思います。」

ーー普段ゲームはどのくらいされていますか?
「私は家で長時間ずーっとやっています。自分では止められなくなるので、誰かに止めてもらわないと気がついたら夜中になってしまいます(笑)。」
「僕も時間が許される限りずっとやっています(笑)。」
ーーeスポーツで憧れのプレイヤーはいますか?
「私は憧れるプレイヤーは今はいないですね。自由な感じでやらせて頂いているので自分の力で上手くなるぞ!という感じです。でもゲーム実況動画はたくさん見てます。」
「アルブラレリーさん(Apex Legendsのアメリカ人選手)です。もう本当に凄いんですよ!キャラクターのコントロールも正確で、総合的に強いんです。Apex Legendsの世界大会でも優勝もしていて本当に憧れますね。Crazy RaccoonのKAWASEさんもプレイ動画をみて自分のプレーの参考にさせてもらっています。」
ーー小林コーチから学んだことはなんでしょうか?
「実は、今日リアルでは初めてお会いしたんですよ(笑)。ゲームに対する知識がすごくて、初心者の私にも分かりやすく教えてくれて。いつもはネットで調べたり、ゲーム実況を見ながらプレーしていたのですがゲームをしながら教えてくれるので、おかげですぐ実践できて。頭で覚えるより、体で覚えられる感じです。とにかく凄く分かりやすくてとっても凄い先生なんだと思いました。」(※小林コーチ照れています)
「オンライン合わせても2、3回くらいなのですが、ものすごくわかりやすく教えてくれて指示が的確です。先生のおかげで、チャンピオンを取れたことが何回かあります。そして、親しみやすく接してくださるので、気軽に質問できますし、ゲーム以外のお話とかもできて本当にすごく良い先生で出会えてよかったなと思います。」
「いやー本当嬉しいな…(しみじみ)」

ーー学業と部活の両立について大変だと感じたことはありますか?
「KG学院は勉強も部活も好きな時に好きなだけできる環境を作ってくれるので困ったことはほとんどないんです。今の環境に心から感謝しています。でも私は今年で卒業なので少し寂しい気持ちです…」
「もちろんレポートを出さなければ行けなかったりなどもあるのですが、自由な時間が多いので本当ストレスなく学業と部活を両立できてると思います。」
ーーとても素晴らしいですね。将来の夢はありますか?
「声優さんになりたいです!」
「まだ決まってないのですが大学に行きたいと思っています!」
ーー最後に今後の目標を教えてください。
「学校生活も残りわずかなので、レベルはそこまで上げられないのかもですが、ゲーム内でもっとサポートできるくらい、スマートにプレイできるようになりたいと思います。」
「いつかはeスポーツの大会に出れるくらい練習して上手くなりたいです!」
ーー小林コーチ、髙山さん、古田くん。本日はありがとうございました。

(一同)「ありがとうございました!」

凄く自由な雰囲気なKG学院でした。先生と生徒というよりも仲の良い先輩後輩のようで、とても爽やかなeスポーツ部でした。これからの活躍に期待しています!

関連記事一覧