今さら聞けない!?プロeスポーツチームの素朴な疑問!〜チームを裏で支える仕事~

今さらだけどとっても気になるあの話題。っというわけで前回好評につき早速第2弾となった「プロeスポーツチームの素朴な疑問」シリーズ☆

「eスポーツチームには選手以外にどんな役割の人がいるの?」「マネージャーってどんなお仕事?」

今回インタビューさせて頂いたのは、プロゲーミングチーム「Rascal Jester(ラスカルジェスター)」でマネージャーを務める椎名裕貴さん☆チームの選手たちを一番近くで支える同氏の視点から、今回も色々な質問に答えて頂きました♪

「将来ゲーミングチームを立ち上げたい!」「選手を支える立場でeスポーツに関わりたい!」と考えている学生の皆さんは必読ですよ〜。(取材日:2020.5.21)

◇ 椎名裕貴(Rascal Jester マネージャー)
大学4年生の時にアイルランドへ語学留学し、帰国後にバトロワ作品『H1Z1: King of the Kill(※1)』のプレイを開始。当時パッチはすべて英語で書かれていたため、個人で翻訳をSNS発信しコミュニティに貢献した。PUBGのリリース後、日本最大のPUBGコミュニティ大会『DONCUP』の運営に携わる。初のPUBGアジア大会では日本チームの通訳として帯同。2018年、株式会社サードウェーブへ入社と同時にRascal Jester PUBG部門のマネージャーに就任。
(※1)PUBGのディレクターである「PLAYERUNKNOWN」氏が過去に携わった作品。

◇ Rascal Jester(ラスカルジェスター 略称:RJ)
現在PUBGとリーグ・オブ・レジェンド(以下、LoL)のチームを擁するプロゲーミングチーム。
▷HP:http://rascaljester.com/

■ 選手以外にはどんな仕事があるの?

ーー今日はよろしくお願いします!早速ですがプロゲーミングチームでは、選手以外にどんな役割の方がいるんですか?

椎名「チームにはまず『オーナー』、その下に『ジェネラルマネージャー』、そして部門毎に『マネージャー』が付きます。各部門のマネージャーの下に『コーチ』がいます。コーチは基本1人ですが、2名以上いるチームもあります。」

ーーなるほど!

椎名「さらにPUBGやLoLは情報が大変重要なゲームなので、『アナリスト』という存在がいて、RJのPUBG部門では2名設けています。状況を俯瞰的に見て分析するのがアナリストです。アナリストがまとめた情報をもとに、コーチが戦略の指針を決めていきます。RJのPUBG部門は現在選手4名、マネージャー1名、コーチ1名、アナリスト2名の計8名で構成しています。加えて、『ストリーマー』という形で所属している選手が3名います。彼らは他の選手のモチベーション向上も担ってくれています。」

ーーモチベーションは大事ですよね。チームによっては選手のメンタルケアを専任する方がいることもあるんでしょうか?

椎名「海外の有名なチームでは、メンタルケアコーチを設けている所が多いと聞いています。むしろその時間を多くとるくらいだそうです。メンタルケアのトレーナー、食事面や運動面など生活を管理するトレーナー、そして戦術面を管理するコーチ…と、3名くらいの体制で選手のケアをしてプロのリーグに出場しているチームというのは結構多いみたいです。」

ーー日本ではそういう体制をとっているチームはまだ少ないんでしょうか…?

椎名「そうですね。わたしもそうですが、選手をサポートするメンバーは二足のわらじでやっている場合が多いので、なかなかそこまでの体制を取れているところは少ないと思います。」

■ eスポーツチームのマネージャーの仕事とは?

ーーマネージャーの具体的な仕事内容が知りたいのですが…。

椎名「例えば、選手が大会に出る場合であれば、エントリーから会場で試合をして帰るまでの全てをサポートします。スケジュール管理、広報との連携、大会運営側との選手情報のやり取り、請求書などの事務作業、海外遠征もあるのでビザ申請…など、選手達が大会に専念できるように動きます。」

ーーこうやって聞くと凄く多忙ですよね〜!ちなみに選手が試合をしているときはどんなことをしているんですか?

椎名「試合中は観戦がメインですが、進捗状況を広報に連絡し、SNSで状況をファンに伝えてもらうよう依頼することもあります。ノンビリしてることはほぼないです(笑)。」

ーーえ〜!休む間もない…。

■ どんなスキルが必要?

ーーマネージャーにはどんなスキルが必要ですか?

椎名「『人の話を聴く』スキルですね。自分の価値観や常識は、すべての人に当てはまりません。自分が正しいと思っていたことが、人によっては非常識である場合があります。自分の価値観をチームのメンバーに押し付けても、ある人は聞いてくれても、ある人は耳を傾けてくれません。

各メンバーの思っていることを聴くことで、少しずつ歩み寄ることができます。自分が皆の意見を聴き、全員が納得する方法を考えることで、各人の認識のずれが修復でき、チームがまとまると思っています。
僕は元々そういうことが下手だったというか、できなかったので最初は少し苦労しました(笑)。あとは…強靭なメンタルです(笑)。本当にこの仕事には必要だと思っています。」

ーー強靭なメンタルですか(笑)。どういった理由で必要になりますか?

椎名「それぞれに生活や事情があるなかで、意見が行き違うこともあります。マネージャーとして円滑に進めよう、良くしようと思ってやったことでも、どうしても解決に導けないこともあります。自分が正しいと思う方向性と異なることもあります。メンバーによって最適な解でない場合もある。全員の意見を汲んであげられない時はつらいですね。そういう意味で強靭なメンタルが大事だと思っています。」

■ チームメンバーでご飯食べに行ったりするの?

ーーチームメンバーとご飯を食べに行ったり、プライベートなコミュニケーションをとることはあるんですか?

椎名「コーチや上司とはありますが、選手個人と遊びに行くような事は無いですね(笑)。わたしが個人的にやっているコミュニケーションの取り方は、選手のライブ配信に参加してコメントを入れるんです。わざわざ自分のために時間を取ってもらうより、選手の活動中に『観てるよ』というアクションを取ることを選んでいます。」

■ 選手のモチベーションを上げるには?

ーー選手のモチベーションをあげるコツはありますか?

椎名「日々選手のモチベーションを高めるのは結構難しいのですが、RJに関する良いニュースがあったときは知らせたりしますね。自分たちのチームのことだけでなく、新しく発売されるデバイスの発表といったニュースを知らせた時が一番楽しそうにしています(笑)。」

ーー選手の皆さんはデバイスがお好きなんですね(笑)。試合前にゲン担ぎをすることってあるんですか?

椎名「基本、試合前はプラスなことしか言わないようにしています。気持ちの部分で負けたら絶対勝てないので。」

■ 今まで大変だったこと/喜びを感じることは?

ーーチームを取りまとめていて、大変だったのはどんな時ですか?

椎名「選手のプライベートな事情が活動に影響を及ぼす可能性があったときです。相談をもちかけられ、立場上マネージャーとして接しなければいけない部分と、友達として助言したいという気持ちがあり、わたしの中では両極端の要素なのですり合わせが出来ず、とても難しいと感じた出来事です。あとは…やはり選手の脱退です。本当に辛かったですね。特に最初からいてくれていた選手が辞めるときは辛い思いをしました。」

ーー逆に喜びを感じるのはどんな時ですか?

椎名「チームが勝った時はやっぱり嬉しいです。さらに言うと、1位を取ったり、優秀な成績が残せた時、Twitterなどで盛り上がるファンの反応を見るのがマネージャーとしては嬉しいなと思います。やってきてよかったなと思うのはそういう瞬間です。」

ーーへ〜!なんかいいですね(笑)。

椎名「試合が終わった後に全員でご飯を食べに行くと、負けた日は皆すごく落ち込んだ顔で来るんですが、勝った時はもう試合のことなんかそっちのけでふざけ合ったりとかして(笑)。そういう姿を見るのも良いですね。結果を残してファンも喜んでるし、自分達もすごくメンタル的に良くなってるのを見て、喜びというよりそういう人間らしいコミュニケーションをとっている時が一番楽しいです。」

■ 新型コロナの影響は?

ーーコロナ禍でPUBGの大会もオンラインで開催されることになりました。お仕事や選手に影響や変化はありましたか?

椎名「やはりプロとして、しっかりオフラインの場で実力を出せないのが少しかわいそうかなというのはありますが、選手同士はオンラインでも変わらずコミュニケーションが取れているので、そこまで影響はないと思っています。どちらかというと僕が心配なのはファンの方々ですね。オフライン大会や、イベントでの選手の生の姿を見るために、ファンの方はずっと待って下さっているので、ちゃんとすべてが整ってチームとして発信ができるようになったら、改めてしっかりとしたコンテンツを出していきたいと思っています。」

ーーそれは楽しみです(笑)!最後に、読者に向けてメッセージをお願いできますか?

椎名「6月6日(土)にPJS(※2)のGrade2 Day5(すでに終わってしまいましたが)、6月13日(土)にDay6の試合を予定しています。ぜひ楽しみにしていて下さい。LJL(※3)は Summer Split が6月13日(土)から始まりますので、応援よろしくお願いします!」

ーー本日はお時間を頂きありがとうございました!

(※2)PJS…/PUBG JAPAN SERIESの略。DMM GAMES主催の日本におけるPUBG公式リーグ大会。
PUBG JAPAN SERIES:https://pubgleague.dmm.com/
(※3) LJL…/League of Legends Japan Leagueの略。ライアットゲームズが日本国内で行うLoLのリーグ大会。
League of Legends Japan League:https://watch.lolesports.com/

いやはや皆さん!「今さら聞けない!?プロeスポーツチームの素朴な疑問!〜チームを裏で支える仕事~」参考になりましたか(笑)!?

ゲーミングチームを志す皆さんが「なるほど!」と唸って頂ければこの企画もやった甲斐があったというものです☆そんなこんなでまた反響があれば第3弾も公開するのでどうぞお楽しみに♪引き続き「気になる質問」もどしどしお寄せくださいっ。それではさようなら〜☆

関連記事一覧