Apex Legends 「ハ」行

【保存版】eスポーツ用語『ホットゾーン』とはどんな意味?

『ホットゾーン』とは、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)において使われる専門用語の1つです。

『ホットゾーン』

『ホットゾーン』とは、フルキット武器(アタッチメントがすべて装着された武器)が一定の確率で手に入るアイテムゾーンのこと意味し、マップ上に青い円で示されています。また、レアリティの高いアイテムがあったり、通常より武器の出現率が高かったりするため、複数の部隊が『ホットゾーン』に降下し、降下直後に戦闘が始まるということが多いようです。ちなみに『ホットゾーン』は、英語では「hot zone」と書きます。

戦闘を避けたい方や、初動ファイトに自信がない方は『ホットゾーン』を避けて降下するのがおすすめです。逆に、自分は初動ファイトが最強だという方は『ホットゾーン』に降下するとキルポイントも稼げるのでおすすめです。また、自分の部隊が戦闘に強いキャラ構成なのか、あるいは守りが強いキャラ構成なのかなど、自分の部隊のキャラ構成に応じて『ホットゾーン』に降下するかどうか決めるのもおすすめです。自分がジャンプマスターの時は、降下する前に一度マップを開いて『ホットゾーン』を確認してみても良いかもしれませんね。

『ホットゾーン』という言葉はApex Legendsだけでなく、『ブロスタ(Brawl Stars)』というゲームで、モード-マップの名前として「ホットゾーン-炎のリング」、「ホットゾーン-パラレルワールド」という風に使われています。また、『ホットゾーン』という、実際に起きたエボラ出血熱事件を基に再現したドラマもあるそうです。

-Apex Legends, 「ハ」行
-, ,

×