e-sportsチーム生存戦略 連載 コラム

e-sports業界の発展に必要な変化② 稼げる大会を増やすこと

e-sports業界の発展のためには、チームが黒字化することが欠かせません。チームを黒字化させ、e-sports業界を発展させるために必要な3つの変化があります。

今回はその2つ目「稼げる大会を増やすこと」についてお伝えします。

稼げる大会には2つの意味があります。1つは、選手が稼げるということ。もう1つは、運営者が稼げるということです。

選手が稼ぐために必要な大会とは

ソニー生命株式会社が実施した「中高生が思い描く将来についての意識調査」での将来なりたい職業ランキングによると、男子では1位Youtuberなどの動画投稿者、2位プロeスポーツプレイヤー、3位社長などの会社経営者・起業家、4位ITエンジニア・プログラマー、5位ゲーム実況者となっています。

女子では、1位歌手・俳優・声優などの芸能人、2位YouTuberなどの動画投稿者、3位絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)、3位美容師、5位ボカロP(音声合成ソフト楽曲のクリエイター)、デザイナー(ファッション・インテリアなど)となっています。[出典:出所:ソニー生命株式会社「中高生が思い描く将来についての意識調査」]

どちらもYoutuberは人気ですが、Youtuberを目指す子供が多いのは、本人が楽しそうにしていて、かつ億万長者だという夢のある職業だからです。

もし、有名Youtuberが食べるものにも困り、狭い部屋で、自分と同じような地味な生活をしているとしたら、憧れる人はほぼいません。

男子の方では経営者なども上位にランクインしていることから、より稼げる職業への魅力を感じている傾向があると言えます。

男子の中でプロe-sportsプレイヤーの人気が高いのは、ゲーム好きな男子が多いことが影響していると思いますが、稼げる職業だという認知が少しずつ広まっているからだとも言えます。

国内でも人気が急上昇中の「valorant」では、国際大会の賞金は1億円を越えています。「Apex Legends」のリーグは総額5億円以上の規模で開催されています。

そういう情報が目に触れることで、「自分もプロe-sportsプレイヤーになりたい!」と思う人が増えるのは理解できます。

ここ最近はe-sportsでも賞金付きの大会も増えていますが、ゲームタイトルによってはまだまだ金額が小さく、現実的には夢のある職業だとは言えない状況です

例えば、1年に1度の大会で、優勝賞金が500万円だとしたら、優勝できたとしてもそこそこのサラリーマンの年収と変わりません。

もちろん「好きなことをして生活できることが幸せだ」という考え方がベースにありますが、プロ選手になれば、好きなゲームでも辛い瞬間をたくさん味わっていると思います。

しかも、大会に優勝できなければ収入がないとなれば、より必死にトレーニングもするし、賞金以外の稼ぎを作るための活動にも取り組まなければなりません。

それだけ頑張っても生活が苦しい状況では、そうなりたいと思う人は増えませんよね。

高額賞金の出る大会が増えたとしても、そういう大規模な大会で優勝できるチームや選手はほぼいません。なので、多くのチームや選手が身を削り、e-sportsに取り組むことになります。

理想的には、リーグや大会に参加しているチームや選手に、出場に対しての報酬があれば一定の稼ぎは得られます。ボクシングのファイトマネーのようなものです。

ですが、そこまでの体制を作れるようになるのは、まだまだ先です。

今はまだビジネスとして整備されていない状況なので、まずは賞金つきの大会を増やすことが大切だと考えています。

少額でも大会の数が多ければ、その分稼げるチャンスが増えるので、救われるチームや選手はもっと増やせます。活躍の機会も増えます。

なので、e-sports業界の発展のためには、中規模以上の大会の数が今よりも増えることが必須だと考えています。

運営者が稼げる大会とは

参加する選手が報酬を得られるのはもちろんですが、その大会を運営する事業者が稼げていないと、その大会自体が続けられなくなります

なので、規模が大きく参加者のいる大会でも、突然打ち切りになることがあります。

多くのイベントがスポンサー企業による協賛金で運営されています。

私はこれまでいろんなイベントに関わってきました。イベントを主催する側としても、イベントに協賛する側としても。

ですが多くのイベントにおいて、協賛社が協賛金以上の価値を受け取れていたとは感じられません。

ある程度規模のあるイベントでは、数千万円の協賛金がかかるものの、得られるメリットとしては会場でのロゴ掲出、配布物へのロゴ掲載、場内でのアナウンスや展示などだったりします。

会場に訪れた人たちへの露出機会を作ることはできますが、多くの場合、これらの露出物は来場者にとって背景と化しています。

例え、来場者の目に止まったとしても、ただそれだけのことです。その企業やブランドに対して何かを感じることもなく、協賛してる企業やブランドの名前を目にするだけです。

果たしてそれに数千万円の価値があると言えるでしょうか?

webで広告をしたら同じ金額で数倍の露出量を担保できるので、ただ露出をするだけの投資先としては、かなりコスパの悪い施策になります。

なので、多くの企業がイベントへの協賛をしたいと思いません。それが数十万円でも数百万円でも同じです。

基本的に、費用対効果を測れない施策に対して、企業はお金を出したくありません。

趣味でやるなら自分達のやりたいことをやりたいようにすれば良いですが、それに企業を付き合わせることは難しいです。

なので、企業の意図を組んだ協賛メリットを用意して、他の施策にお金を使うよりも多くの露出ができたり、ターゲットの興味を惹きつける露出の仕方ができたりすることが大切です。

e-sports業界の発展のためには、企業のメリットを考えたイベント作りが必要です。

 

筆者プロフィール

 

平岡大輔
GO CRAZY GAME(GCG)プロデューサー
ゲーミングサプリ「ガチサプ」開発&販売責任者
マーケティング脳をつくる会社 株式会社テマヒマ 代表取締役

自身が格闘ゲームに没頭したことを皮切りに、ガチゲーマーのためのパフォーマンスサプリ「ガチサプ」を開発、e-sports業界の発展のためにコミュニティ活性化に努めている。

e-sportsチームの内情を知り、業界の発展のためには「e-sportsチームが事業として黒字化できるビジネスモデル」の構築が必須だと考え、チームの収益化のための活動に取り組むプロジェクト「GO CRAZY GAME(GCG)」を立ち上げた。

100社以上の企業のマーケティング支援、組織改善に取り組んできた経験とノウハウを使って、e-sportsチーム事業の収益化・安定化を実現させるために活動中。

"e-sportsチーム生存戦略" 連載一覧はこちら

e-sportsチーム生存戦略 連載 コラム

2022/11/4

ゲームが切り開く未来

e-sports業界の発展について全10回に渡りお届けしてきたこのシリーズも、今回で最後となります。 業界関係者には、「新参者が何を語っているんだ。何もやってないくせに。」と感じている方も多いと思います。私自身もその通りだと思っています。 なぜ、この連載を始めたのかについて少しお話しさせていただきます。 新参者としてe-sports業界に関わることにした経緯 私は1982年生まれで、今年40歳になったファミコン世代の人間です。 5歳の誕生日にファミコンとスーパーマリオブラザーズが我が家にやってきました。 ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 コラム

2022/10/26

e-sportsチームを収益化するための道筋③ ファンを増やすマーケティングの強化

e-sportsチームを収益化するためにやるべきことの3つ目は、ファンを増やすマーケティングの強化です。 ファンはチーム運営の源です。ファンがいなければスポンサーも増やせません。チームの存在意義も無くなります。 試合の勝敗はもちろんチームの影響力に関係しますが、勝ててなくてもファンが多ければチーム運営としては成功だと言えます。 もちろん大会で優勝することでファンが増えたり、より応援してもらえたりするのは確かなので、大会で優勝できる力をつけることが大切なのは変わりありません。 ですが、大会で優勝する以外にも ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 コラム

2022/10/20

e-sportsチームを収益化するための道筋② ローカルに根ざしたチーム運営

メジャーなチームスポーツはいずれも、地元があります。ホームスタジアムを置く拠点があるので、地元にファンを作りやすい環境ができています。 他チームと地域対抗の構図を作ることで、ファンが熱狂するきっかけにもなっています。 e-sportsでは、拠点を作り活動しているチームはまだまだ少ないです。チームの運営拠点はあっても、選手はそこにいないという状況もよくあります。 e-sportsはチームの練習も遠隔でできるので、拠点に選手を集める必要がありません。 拠点がなくてもチーム運営ができることは、チームを立ち上げる ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 連載 コラム

2022/10/13

e-sportsチームを収益化するための道筋① 従来型のスポンサー依存モデルからの脱却

e-sportsチームを収益化するためには、従来型のスポンサー依存モデルから脱却する必要があります。 現在、収益化できているe-sportsチームの多くは、その収益の大部分をスポンサー収入で賄っています。 ですが残念なことにトップチーム以外には、十分な収益源となるスポンサーがなかなか集まりません。 これはここまでお話ししてきた、PR目的の予算を目的としていることが原因です。 スポンサー企業は、影響力のあるチームに乗らなければPRの恩恵を受けられません。 なので、多くの影響力の弱いe-sportsチームには ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 連載 コラム

2022/10/13

e-sports業界の発展に必要な変化③ 地域に根ざしたe-sportsチームの増加

e-sports業界の発展のためには、チームが黒字化することが欠かせません。チームを黒字化させ、e-sports業界を発展させるために必要な3つの変化があります。 今回はその3つ目「地域に根ざしたe-sportsチームを増やすこと」についてお伝えします。 人気スポーツチームの現状 人気のスポーツはどれも特定の地域を本拠地とするチームが存在します。それにより、ファンの帰属意識が高まり、他チームに対しての対抗心を生み出し、熱狂の原動力となっています。 サッカーの日本代表戦などで、普段サッカーを観ない人たちもガ ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 連載 コラム

2022/10/13

e-sports業界の発展に必要な変化② 稼げる大会を増やすこと

e-sports業界の発展のためには、チームが黒字化することが欠かせません。チームを黒字化させ、e-sports業界を発展させるために必要な3つの変化があります。 今回はその2つ目「稼げる大会を増やすこと」についてお伝えします。 稼げる大会には2つの意味があります。1つは、選手が稼げるということ。もう1つは、運営者が稼げるということです。 選手が稼ぐために必要な大会とは ソニー生命株式会社が実施した「中高生が思い描く将来についての意識調査」での将来なりたい職業ランキングによると、男子では1位Youtube ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 連載 コラム

2022/9/22

e-sports業界の発展に必要な変化① チーム&プレイヤーの影響力の拡大

e-sports業界の発展のためには、チームが黒字化することが欠かせません。チームを黒字化させ、e-sports業界を発展させるために必要な3つの変化があります。 今回はその1つ目「チーム&プレイヤーの影響力の拡大」についてお伝えします。 影響力が大きければ、その影響力を目当てに企業も寄ってきます。フォロワーが多ければ動画プラットフォームからの広告収入も見込めます。 e-sportsチームや選手が影響力を持つことで、チーム事業は黒字化でき、職業としてのプロゲーマーが成立するようになります。 そのため、どの ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 コラム

2022/9/15

e-sports業界の抱える問題 プロがプロとして活動できていない環境

前回は、e-sports業界の抱える問題として、企業がなぜe-sportsチームにお金を出さないのかの根本的な理由についてお伝えしました。今回は、業界を支える主役とも言えるプロ選手に起きている問題についてお伝えします。 プロチームに所属していたらプロなのか? プロとは一般的には、その仕事で報酬をもらい、生活ができている人のことです。 e-sportsのプロ選手であれば、ゲームのプレイを通じて報酬をもらい、生活ができている人だと言えます。 e-sportsチームに所属するプロ選手は、チームから支払われる給料 ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 コラム

2022/9/8

e-sports業界の抱える問題 黒字化ができない収益構造【後編】

前回は、e-sports業界の抱える問題として、収益化の構造と、多くのチームにとってスポンサー企業を集めることが難しい理由についてお伝えしました。今回は、企業がなぜe-sportsチームにお金を出さないのかの根本的な理由についてお伝えします。 企業がお金を出さない根本的な理由 e-sportsチームにスポンサードしている企業のお金の出どころは「PR予算」です。PRとは公で知られる機会を作ることであり、広告のような直接的なアプローチではなく、メディアで取材をされるなど、コンテンツとして企業や商品の認知を広げ ...

続きを読む

e-sportsチーム生存戦略 コラム

2022/9/2

e-sports業界の抱える問題 黒字化ができない収益構造【前編】

e-sportsはまさにゴールドラッシュを目前としています。 国内でもe-sportsチームは日に日に増えています。ですが、事業として黒字化できているチームはほんのひと握りだと言われています。名の知れたチームでも、オーナー企業の投資がなければ、事業を続けられないと聞くと驚きを隠せません。 e-sportsチームの数だけプレイヤーの数は増え、世界で活躍する選手が増え、e-sportsプレイヤーを夢見る若者は増えます。e-sportsの熱狂を今よりも大きなものにするためには、多くのe-spotrsチームが事業 ...

続きを読む

平岡氏の取材記事はこちら

 

ガチサプ×FUKUSHIMA IBUSHIGIN 翔選手対談~謎多きチームに根掘り葉掘り聞いちゃいました~

https://gamer2.jp/11608/

 


 

-e-sportsチーム生存戦略, 連載, コラム

-----------------------------------------------------------------
×