種目(タイトル別) Apex Legends League of Legends 「ハ」行

【保存版】eスポーツ用語『PIN』とはどんな意味?

昔ながらのアナログゲームの1つにピンボールがあります。玉を弾くだけのシンプルなゲーム性が人気となり、PCで遊べるゲームも作られていました。

この記事ではコンピューターゲームで使われる『PIN』について説明していきます。
『PIN』とは、FPSゲーム『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』や『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド/LoL)』といったMOBAのeスポーツでよく登場するゲーム用語の1つです。

PIN

PINとは、マップの場所を味方に伝えるための機能です。バトルロイヤルやMOBAのゲーム中に、味方に移動先の場所を伝える時や、敵の潜伏を警戒する時などに使われます。

特に、通話をしないでプレイする際には重要な機能になりますので、ゲーム内のPINの使い方はしっかりと覚えておくことをおすすめします。

PINの語源

ピンの語源は、裁縫などで使われる留め針の英語「pin」であるとされています。

ゲームコントローラーのピン

ゲームコントローラーについて話すときにも「ピン」という言葉が出てきますが、ここまでに説明したものとは異なります。

ゲームコントローラーのハードウェアと接続する部分の端子に「9ピン」「4ピン」といった種類があるので、ゲーム内機能の「PIN」とは違うことを覚えておきましょう。

PING

PINGとは、インターネットでデータをやり取りする際のスピードを表す値です。この数値が低いほど、やり取りが速くなります。

-種目(タイトル別), Apex Legends, League of Legends, 「ハ」行

×